30日チャレンジ(物の処分)

30日チャレンジとは、1か月間、いろんなことに挑戦することをいいます。

9月の30日チャレンジは「物の処分」にして何とか1日1個以上を達成しました~。

処分した物はこんな感じです。

1日:着なくなったジャケット→譲る
2日:下着→旅行用
3日:使わない扇子→売る
4日:化粧品消耗品類→処分
5日:壊れたエコバッグ→処分
6日:不要な肩ひも、期限が切れた衣類防虫剤→処分
7日:壊れたファイル→処分
8日:イヤホン→処分
9日:固まったアイシャドウ→処分
10日:書類→処分
11日:バック→譲る
12日:エコバッグ→譲る
13日:着古したTシャツ→処分
14日:使わない扇子→売る
15日:着古した洋服→処分
16日:下着→旅行用
17日:ハンカチ→掃除用
18日:ボロボロのポーチ→処分
19日:ポイントカード類→処分
20日:靴下→旅行用
21日:タオル→掃除用
22日:Tシャツ→ユニクロへリサイクル
23日:ポスター(その他紙類)→財布
24日:使い古したお財布→処分
25日:名刺整理
26日:アプリの整理
27日:本61冊→売る
28日:本5冊→売る
29日:靴→売る
30日:靴→処分

夏服の処分やいろいろと傷んでいた物を処分したり、あまり使っていなかった物で、誰かが欲しいと聞いて差し上げたりということが9月は多かったです。

書類やポイントカードなどの整理は30日チャレンジがあったから手をつけた部分でした。

なかなかきっかけがないと取り組めませんね。処分する物がないかと探していた時に思い出して、整理、処分しました。

わずかに物が減ったかな?という感じです。総数としては大したことはないですが、ちょっとだけすっきりして、誰かが喜んでくれる物もあって、良かったなと思っています。

まだまだ物が多いよという方は1日5個など数を増やしての毎日取り組むのもお勧めですよ。

 

イライラしていませんか?

「疲れて家に帰ると、家が散らかっていて、それでまたイライラするの」

と先日会った友人がぼやいていました。

 

以前遊びに行ったときにそんな印象は受けなかったので、それを聞いてみると、あれから物も増えて・・・ということでした。

こちらでも書いていますが、たかだか片付けでイライラするなんて時間の無駄だし、嫌な気持ちになるのも嫌ですよね。できるだけ、イライラの種はなくす工夫は必要です。

 

私は不満があればすぐに解決手段を考えて実行するのですが、彼女を含めた多くの人が不満の解決を後回しにした結果、イライラにつながるのかなと考えています。大切なことは、今、一つでも行動に起こすことです。

もちろん、すぐに解決できることばかりではありませんが、その中でも片付けは比較的解決しやすい部類に入ると思っています。

 

このように書いたり、言ったりすると、たいていの方が「でも家族が散らかすから」「家族の物が多い」と言われます。

なので、そこは「じゃあ、あなたの物は片付いていますか?」とお聞きします。

コントロールできるのはいつも自分だけです。

なので、まずは自分の物から片づけていきましょう。女性の多くは家事をしていることが多いと思いますので、キッチンや洗面所など家族で利用するところも片づけやすいのかなと思います。

 

他人が相手だと、他人をコントロールすることはできませんが、片付けは物が相手なので、自分の気持ちや事情だけでどうにでもできます。そういう意味でも、片付けは自分でコントロールしやすいことです。

世の中、イライラの種はたくさんあり、多くは人間関係です。これ以上イライラを増やさないように、せめて片付けではイライラしなくて良いようにできることから始めてみることをお勧めします。

 

ご自分の物やご自分が自由にできる場所から片づけることで、イライラは片づけた分、減ることと思います。どうぞお試しください(くれぐれも家族の物を勝手に捨てたりしないように!)。