収納を頑張り過ぎない

これは私の考えですが、「頑張って収納しない」お部屋と物の数を目指すことをお勧めしています。

 

収納を頑張って考える、片付けるよりも、頑張らないほうが楽だからですね。収納に頑張るのはそれをお仕事にしている人だけで十分で、個人的には頑張ることはもっと他にあると思っています。

 

そのために、頑張らないで良い程度に物を減らすことをお勧めしています。

収納をするための収納グッズや用品を購入するのは金銭的にも労力的にももったいない。今ある物で、今ある空間で無理のないように収納できる範囲の物だけにしましょう。

片付けが面倒、嫌いと言う人ほど物を減らすとその快適さに驚かれるでしょう。

 

でも、お気に入りの物だけだけとか、ときめく物だけとかにしなくちゃいけないんでしょう?と思われましたか?厳選なんてしなくても大丈夫。

ある程度、不要な物を処分するだけでその状態は簡単に訪れます。

 

収納グッズは今、お家にあるもので十分です。使えなくなるまで大事に使いましょう。少しずつでも片づけていくと、どんどん収納グッズは不要になります。

 

自分だけでは無理と思われた方は誰かの助けを借りてみてください。きっとびっくりするくらい進むと思いますよ。

時間を作るために片付ける

片付けをすることでいいことはいろいろありますが、最大の良いことは「時間が増える」ことだと私は思っています。

 

時間は1日24時間誰にでも平等にありますが、それをどう使うかは人それぞれ。

その24時間の中でできれば私は物を探したりしたくないし、家に同じものがあるのに買い物に行きたくないし、ましてや、家が散らかっているぐらいでイライラする時間ももったいない。

とにかく家が片付いていないだけで意外に時間を消費させられるのです。物に。

物に時間を支配されている状態はとても嫌なので、持ち物は自分が管理できる量しか持たないようにしています。

 

時間が増えることは、片付けの一番効果的な部分かなと思っています。

片付けを進めていく中で実感できるようになりました。

「忙しい」「時間が足りない」と思われている方はぜひ処分、片付けをお試しください。