投資と浪費

one point:この買い物は「投資」か「浪費」か「必要(生活必需品)」かを考える

物を購入するときに、自分にとって、その物は「投資」か「浪費」かを考えるというのは一つの方法です。

例えば、お洋服。

ある程度までは「必要」です。

仕事で新調したスーツなどは「投資」になるでしょう。

「必要」と「投資」を超えた分は「浪費」になります。

 

でも、「浪費」=悪いこと

ではありません。しかし、「浪費」に偏ってしまうと、洋服が自分が着る以上にたくさんあるという状況になるかと思います。

お金だけでなく、物からも「投資」か「浪費」か「必要(生活必需品)」かを考えるのは良いことだと思います。

大事なことは意識すること。

何となく欲しいかなとか、流行っているからとか、あったら便利とか、自分の意志がない、あるいは低い状態で買い物をしてしまうと後悔の原因になるのかなと思っています。

もう一度書きます。

「浪費」が悪いわけではありません。ただ、意識して「浪費」するようにしてください。

また、必要なら家計簿をつけて「投資」「浪費」「必要(生活必需品)」の割合を出してみるといいでしょう。

この割合も家庭やその人の考え方や状況によって違うものです。ご自身がちょうど良い割合をみつけられるのも大事ですね。

フェローズバンカーズボックスの使い方

フェローズバンカーズボックスは、書類などもいれていますが、それは普通の使い方なのでご存知の方も多いと思います。

そこで、書類以外の物で入れている物を紹介します。

私が利用しているのは以下の3つです。

 

洋服を入れる

Tシャツや下着、ハンカチなどを入れています。

743番の薄い箱ですね。

 

化粧品を入れる

703番の大き目の箱です。

この中に化粧品類を全部入れています。これ一つを持ち運べばどこでも化粧ができます。

バッグを入れる

同じく703番の箱を使って、この中にすべてのバッグを入れています。

 

処分をするときも考えての選択

衣類には、プラスチックの半透明の衣装ケースなどを使われている方が多いと思います。私も実家ではそれらを使用していました。

一人暮らしを始めたタイミングで使用しなくなりました。当時は実家から持参したチェストを利用していました。チェストが壊れたタイミングでチェストに入っていた物をどうしようか考えた時に、フェローズバンカーズボックスを使うことにしました。

一つはチェストを処分するときに、粗大ゴミになるので手数料を払って、指定の場所まで運ばなければいけなかったのですね。それが非常に面倒に感じてなるべくその手間を減らしたいと思ったこと。

 

買い替えも、移動も、掃除も楽

もし、ダメになっても普通ゴミで処分できるし新しい物を買う時も簡単です。

また、チェストや衣装ケースよりも軽いので移動が楽なんです。掃除はもちろん模様替えなども楽々です。

 

とても気に入って使っています。

収納道具選びにお困りの場合は選択肢の一つとしてお勧めです。大きさもいろいろありますよ。