考え方

時間を作るために片付ける

片付けをすることでいいことはいろいろありますが、最大の良いことは「時間が増える」ことだと私は思っています。

 

時間は1日24時間誰にでも平等にありますが、それをどう使うかは人それぞれ。

その24時間の中でできれば私は物を探したりしたくないし、家に同じものがあるのに買い物に行きたくないし、ましてや、家が散らかっているぐらいでイライラする時間ももったいない。

とにかく家が片付いていないだけで意外に時間を消費させられるのです。物に。

物に時間を支配されている状態はとても嫌なので、持ち物は自分が管理できる量しか持たないようにしています。

 

時間が増えることは、片付けの一番効果的な部分かなと思っています。

片付けを進めていく中で実感できるようになりました。

「忙しい」「時間が足りない」と思われている方はぜひ処分、片付けをお試しください。

「期待」だけを購入しないように

買い物は楽しい娯楽です。
ついつい新しい物って欲しくなりますよね。その時にちょっと落ち着いて自分の気持ちも確認してみませんか?

 

新しい物はいろんな期待も一緒に購入しています

「この服を着るともっと素敵な私になれるかも」

「このテキストを購入すると資格試験に合格できるかも」

「この調理家電を購入すると料理がもっと楽しくなるかも」

「この手帳を使うともっと充実した日々を過ごせるかも」

「このタブレットでもっと仕事が捗るかも」

いつもこの期待も含めて私たちは物を購入しています。この買い物が成功することもあればそうでもない時もあります。

 

必要と期待のバランス

でも、ちょっと落ち着きましょう。

それらの物が必要で購入するのはいいのですが、もし期待の方が購入を決定する気持ちの多くを占めている場合は、少し待ちましょう。

 

物は物です。結局のところ、あなたの期待に応えてくれる可能性は不明です。というよりあなた次第ですね。

 

素敵なお洋服を着たら素敵なあなたになるのではなく、あなたが素敵だから、洋服も素敵に見えるのです。

新しいお洋服を購入しなくても素敵なあなたは既に存在します。洋服はあなたを魅力的に見せるための道具です。

 

資格のテキストも、それを購入したから合格するのでなく、あなたが努力するから合格するのです。必要十分なテキストを購入しましょう。

 

この調理家電を買ったから料理が楽しくなるのではなく、料理が好きなあなたが使うからさらに美味しいご飯を作りやすくなる。

物との関係は、そういうものだと私は思っています。

 

主語はいつも物ではなく、あなたです。

いつもそう思って、お買い物をしてみてくださいね。