30日チャレンジ-25日目/-高価だった洋服や着物-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

8月25日

25日目の今日のターゲットは、高価だった洋服や着物です。

処分の目安

  • カビている、シミがある、虫食いがある
  • 流行遅れが甚だしい
  • 年齢的に着ることができない

カビやシミ、虫食いがある服や着物はリフォームしたり、裁縫が得意な方だと生地だけ活かしたり、あるいは状態によっては処分しましょう。

バブルの頃の服や制服をまだ持たれている方は、ダンスや演劇に利用されたりすることもあるようなので、メルカリや楽天に出品したり、買取をお願いしたり、知り合いに声をかけるのもいいですね。

年齢的に着られない服は若い方に差し上げてもいいですし、出品してもいいでしょう。特に着物は流行がそんなに感じられないですが、年齢的に難しくなる色や柄があります。

いつまでも着ているのは、かえって老けてみえるので私はお勧めしません。

高価だった物は処分しにくいものですが、誰かに使ってもらえると思うと処分もしやすくなりますよ。

 

目標

1つ以上処分
ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

私が処分した高価だった洋服や着物

学生の頃に作った夏用のポリエステルの帯。可愛くて今でもお気に入りなのですが、柄も色も可愛すぎて、もう結べない・・・。でも人にあげるのも嫌だ!(笑)と思ったので、これを日傘にしました。

これで、また数年使うことができます。

また、余った生地はランチョンマットとコースターにしました。

帯を日傘に仕立ててくれるところを何年も探していましたが、私がお願いしたのはこちら。

空堀 服と雑貨の洋裁教室 Caracara(facebookページです)

大阪は空堀商店街にあるこちらのお店。
私が選んだのは、先生と一緒に作るスタイル。良心的な価格と親切な指導、希望をかなりの確率で叶えてくれる柔軟性で、お近くにお住まいで行ける方は直接ご相談されるのがいいかなと。

遠方の方はお問合せされてみてくださいね。

お気に入りの生地は生地がダメになるまでしっかりと使います(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。